会社名のネーミングイメージ

会社名のネーミング

宝酒造

清酒や焼酎、チューハイ、みりんといったお酒の製造販売で有名な宝酒造と言えば、古い歴史を持つ老舗中の老舗であると言って良いでしょう。

「松竹梅」や「よかいち」「純」「レジェンド」「直搾り」などの商品に見られる通り、短い言葉で消費者にズバリとイメージを植え付ける印象的なネーミングにも定評がありますね。

宝酒造という会社が生まれたのは江戸時代後期、京都の伏見で四方家4代目・卯之助という人物が酒造権を獲得したところから始まります。

当初は清酒を専門に取り扱っていましたが、明治になってから焼酎とみりんの製造販売にも事業を拡大しました。

「宝(当初は寶)酒造」という会社名が最初に用いられたのは大正元年のことで、連続蒸留機を用いた新式焼酎を発売したことがきっかけでした。

ところで、この宝酒造という会社名の由来をご存知でしょうか?「宝」という単語からは「大切な」「輝いている」といった印象を受け、消費者にとってもインパクトがある名前です。

このネーミングが生まれた大正時代の方々にとっても、分かりやすく親しみやすかったことでしょう。

宝酒造というネーミングが意味する「宝」とは「穀物」です。

穀物は、遥か太古から私たち人間にとって貴重な栄養源であり、宝物として尊ばれてきました。

また、穀物と言えばお酒、中でも特に宝酒造が力を入れている焼酎作りには欠かせない原料ですから、前述の由来と重なって「宝」と表現するのにふさわしい物であると言えるでしょう。

宝酒造の商品、特に画期的な方法で作り出された焼酎は、高品質かつ美味しいと全国で評判になりましたが、昭和に入ってからは「メチルアルコール事件」があって焼酎の人気が低下し、時には販売が出来ない状況になったこともありました。

そんな状況下でも、宝酒造は軍需用アルコールの製造や度々の合併などの企業努力によって生き延び、現在に至っています。

昭和60年に生まれた宝酒造のマーク「正三角形の上に置かれた3つの大きな円と小さな円」は「調和」をイメージしたものであり、様々な苦労を乗り越えていた宝酒造の精神が伺えるところです。

会社名のネーミング区切り線

会社名のネーミングは、ネーミングについて解説しています。

会社名のネーミングPick!:ミツカン

酢やポン酢、みりんといった調味料や納豆などの食品メーカーであるミツカン株式会社は、皆さんもご存知のことと思います。 ミツカンの歴史は古く、創業は江戸時代中期にまで遡り、尾張国半田村(今の愛知県半田市)・・・・

ページの先頭へ戻る